文字の大きさ
現在地
  1. トップページ
  2. フィッティング
  3. タケ小山さんの“目から鱗” ~RMXインタビュー記事より~

2014年3月20日 (木)

タケ小山さんの“目から鱗” ~RMXインタビュー記事より~

RMXのスペシャル企画「屋根裏のプロゴルファー」タケ小山さんがRMXを語る!はお楽しみいただけましたでしょうか。

実はもう1つ、タケさんからこんなお話をうかがいました。

「曲がらない」ドライバー、実は「曲げやすい」

Dsc_2280_2_2一般的にアマチュアゴルファーをターゲットにしたやさしめのクラブは「曲がらない」という印象がありますが、実はそういったクラブは、逆に「曲げやすい」ということもあります。

一言で言うと「曲がらないし、曲げやすい」。そういったクラブは縦スピンが掛かるから、サイドスピンも掛かりやすくなるので「曲がらないし、曲げやすい」わけです。

プロゴルファーにとって「曲げやすい」クラブというのは、RMX で言えば 02のようなドライバー。

毎回、弾道が安定しないアマチュアゴルファーが、このようなドライバーを使うといつも同じボール軌道になるのですが、プロが使うと非常に曲げやすいクラブとなるのです。

つまり上級者が、リヘッドで TOURMODEL02 を選択するというのは十分に考えられることですね。プロが硬めのシャフトを装着した 02 を使ったら、非常に高いパフォーマンスを発揮しそうです。

ゴルフクラブは、上級者= TOURMODEL というイメージがありますが、突き詰めると 02 がマッチする可能性も大きく、そういう意味でもヘッドを選択できる業界初のリヘッドは、ゴルファーにとって非常にメリットが大きいわけです。

プロのならではRMXの使い方ですねhappy01

3月から始まった国内女子ツアーでも

RMX TOURMODEL、01、02の3モデルが活躍しそうですsign03

是非トーナメント会場でチェックしてみてくださいnotes


  • BACK
  • NEXT

ページトップへ